WEB予約 Reservation

埋没毛とは?〜予防策について〜

ビューティー

埋没毛とは?〜予防策について〜

2023.11.17 salon-ameri

 

ムダ毛を処理したはずなのに、、、お肌を見るとムダ毛が残ってる、、

よくよく見てみると皮膚の中に毛が埋もれている!?という経験がある方も多いのでは!?

 

実はこれ、、、

「埋没毛」(まいぼつもう)

と呼ばれるもので、皮膚の中に閉じ込められて生えてしまったムダ毛のことです!

「埋もれ毛」「イングローヘア」とも呼ばれています!

毛先まで閉じ込められている為、黒いブツブツに見えてしまい見た目の影響や、小さい凹凸ができ、肌触りが気になる方もいらっしゃると思います。

 

埋没毛になりやすい部位としては、

⚫︎脇

⚫︎Vライン

⚫︎二の腕

⚫︎膝

⚫︎ヒップ

に多く見られます。

 

なぜ、「埋没毛」ができるのか!?

 

①角質肥厚

自然に剥がれる角質が剥がれなくなり、肌が硬くなってしまうことで、皮膚の入れ替わり(ターンオーバー)がうまく機能せず、肌トラブルを起こしてしまいます!

角質肥厚の原因としては、「乾燥」「紫外線」と言われています。

 

②間違った「自己処理」

埋もれ毛ができる最も多い原因が、間違った「自己処理」をしていることです。

間違った自己処理とは、「カミソリ」「毛抜き」を使ってムダ毛処理していること!

使いやすさ抜群!剃り心地抜群!仕上がり抜群!といった点で、使用されている方も多いはず!!

 

しかし!!

 

「カミソリ」や「毛抜き」での自己処理には大きな落とし穴があります!

カミソリはムダ毛だけでなく肌表面まで削ってしまう為、肌へのダメージ大!!

肌がダメージを受けると皮膚のターンオーバーがうまく機能せず、角質層が厚くなり、埋もれ毛に繋がります。

 

毛抜きでのムダ毛処理も、毛穴の周りが引っ張られたり・破れたりすることで、皮膚に強い刺激を与えてしまい、埋もれ毛のリスクが高くなります、、、

 

埋没毛が一度できてしまうと、元の肌状態に戻るまで時間がかかるため、予防策がポイントになってきます。

 

⚫︎ムダ毛の処理は電気シェーバーを使用する

⚫︎角質ケアをする

⚫︎肌の保湿をする

 

そして、、、一番の予防策としては、

 

【脱毛】がオススメです◎

 

埋没毛ができる最も多い原因が、「間違った自己処理」によるものです。

肌へのダメージを根本的に解決できる「脱毛」も選択肢の一つです♪

自己処理する回数や頻度が少なくなるだけでも、肌へのストレスが軽減され、埋もれ毛の予防にもつながります。

 

すでに「埋もれ毛」になっているかも?と不安になっている方も、ご安心ください◎

脱毛のプロが、改善策やケア方法のアドバイスをさせていただきます!

 

一度、話を聞いてみたい!など気になる方は、是非カウンセリングへお越しください♪

 

予約ボタン

RELATED POSTS

ビューティー

ブルーライトは肌に悪い?

  ここ数年でよく耳にするようになったブルーライト。 「ブルーライトカット」の製品も増えていることから、なんとなく目に悪影響なのかな?と思っている方も多いはず。…続きを見る

2024.07.19 salon-ameri

ビューティー

通い始める前に知っておきたい!脱毛の後悔

脱毛をすると肌がキレイになる。衛生的。と毛を無くすメリットはたくさん紹介されていますがデメリットは?脱毛をして後悔した人はいないの?というのも気になりますよね。脱毛で後悔するタイミングとはど…続きを見る

2024.07.18 salon-ameri

ビューティー

肌が薄いと何が起こる?

  肌が薄い=よく聞くワードではありますが、一体どういう意味?どうやってわかるの? このような疑問をお持ちの方も多いかと思います。 意味はそのまま、皮…続きを見る

2024.07.17 salon-ameri